Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
About us
Search this site.
 

info
karfweb
bbweb syatyo.png gokan.png staff.png guest.png eigyo.png

●ぬくもりから伝わること

category >STAFF BLOG
ここ数日やっと春の気配がしてまいりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

1/31より好評をいただいております ”羊毛フェルトのある暮らし” 展も
いよいよ今週末までとなりました!

お買い物の途中にお立ち寄りいただくお客様やキルギスに旅行を計画中のお客様まで....
さまざまなお客様に足を運んでいただき、SHOPスタッフ一同本当にうれしく思っております。

最終回となります今回は、羊毛フェルトのルームシューズのご紹介です。

ころんとした優しいかたちのルームシューズですが、
なんとっ!! 1つ1つていねいに手作業で作られております。

製作のプロセスを簡単にご紹介させていただきますと...
〃燭匹

原形となる枠に羊毛を重ねて熱した石けん水をかけて押さえなじませていきます。

⊆茲蟒个

脚の入る部分を切り取り、中の型を取り出してひっくり返します。

0欺

くつの形に整えてからシルクの布に包んで丸め、手から肘を使って
何度も何度も圧力をかけ圧縮していきます。(重労働!)
この作業でサイズと厚みを調整していきます。

だ型

圧縮したフェルトを木型にかぶせ、ねじれや浮きが無いように密着させていきます。

ゴチ隋仕上げ

キルギスの乾燥した空気の中で自然乾燥します。
仕上げに表面をカミソリで整え、裏面にすべり止め処理をします。

Υ粟!!

※もっとくわしく知りたい方は、TUMAR JAPANのHPでもご覧いただけますので是非!

本当にじっくりていねいに作られているので、軽いのにとてもしっかりしていて
型くずれの心配もご無用です。
そしてこのルームシューズ。じつは私も自宅で愛用させていただいております♪

実際のはき心地はというと....
ふあっと柔らかく足を包んでくれて抜群の暖かさです。
足裏から伝わる安心感は、ほっとリラックスした気分にさせてくれます。

羊毛に含まれる「ウールグリス」にはたくさんの効能があるというので
遊牧民を習って素足で履いてみると…
乾燥の季節にもかかわらず、かかとが日に日にすべすべになってまいりました!
むれずにサラサラなので一年中通して使えそうです。



厳しい自然の中で暮らしていくための知恵がつまったフェルトシューズを履いていると、
遠い異国の大草原で暮らす人たちに思いがめぐり、本当にゆっくりとした時間が流れます。

上質なものをながく大切にしていくことが豊かなくらしにつながっていくのだと
改めて考えさせられます。

イベントも残りわずかとなりますが、ぜひこの機会に
羊毛フェルトの魅力を感じにいらしてくださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております!
karf official blog

●砂風呂vol.14 「かわいい」

category >STAFF BLOG
ショップスタッフの砂子田です。

昨日は「建国記念の日」で祝日。
定休日の水曜日でしたが営業をさせていただき、大変多くのお客様にご来店いただきました。
誠にありがとうございます。

現在開催中のイベント「羊毛フェルトのある暮らし」も大変ご好評をいただいております。

「触り心地」、「デザイン」と日本で初めてのお披露目となりますが、
手にとってその良さを感じてくださる方も多く、とても嬉しく思っております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





今回のイベントで商品を展示させていただいているTUMAR社の製品。


*****************************************************
TUMAR社の製品にはアイテムそれぞれに技術や歴史があります。
*****************************************************








・・・そんなTUMAR社製品の商品背景は今回のブログではあえて一旦おいといてみます。。









おいてみます。。







おいてみます。。。







おいてみます。。。。







ひつじ年







おいてみます。。。。。









宙に浮かしてみます。







下からのぞいて。







下からのぞいて。。







下からのぞいて。。。




!!!!!!!



どうでしょうか??!



商品の歴史を置いておいたとしても、、、


ただただ、単純にカワイイ!!


カワイイですよね?!





言うまでもなく、すべてのアイテムがスタッフの中でも話題ですが、

カーフでは普段店頭には並ばないアイテムで、ついつい目を惹いてしまうのがこちらのBAGたちです。






今回はアジア初の取り扱いということもあり当店でしかお目にかかれませんが、

これからいろんなセレクトショップさんからも引っ張りだこになるのではないでしょうか?!



BAG/¥19,440(税込)











そのサイズ感、ディティール、カラーは男女問わずご使用いただけます。


BAG/¥15,984(税込)












カップル、ご夫婦で一緒に使うのも良いですね*


BAG/¥16,200(税込)







ちなみに私の一押しはこちら・・・




リュックです!!


BAG/¥22,680(税込)


カワイイですよね!!



デニムなどでカジュアルな合わせ方はもちろん、

個人的にはキレイめなお洋服のはずしアイテムとして使いたいです!




落ち着いたカラーはジャッケトスタイルにも◎




これから春に向けてシャツやTシャツなどにサラッと合わせて、

フェルトの素材感を引き立たせるのも良いですね。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


思わず「カワイイ」と言ってしまいたくなるTUMAR社製品。


見た目から手に取ってしまいたくなる「かわいらしさ」と

実際にさわった時の「フェルトのあたたかみ」。


この機会に体感してください*




2015年3月1日(日)まで開催しています!
karf official blog

●遊牧民と羊毛フェルト

category >社長のブログ




弊社のブログ、メルマガでも告知させていただいておりますが、
カーフショップにて「羊毛フェルトのある暮らし」展を開催しています。
 
フェルトといえばそのやさしい印象と手触り。
そして北欧デザイナーが手がけるモダンなデザインのフェルト製品を思い浮かべますが、
昨年末にスタッフから
 
「キルギスTUMAR社のフェルト製品を扱う方がいらっしゃって、すごく素敵なんです!」

と聞かされて、キルギス共和国?フェルト?・・・・と、
頭の中で勝手にエスニックなイメージを抱いていたのですが、
資料を見せてもらうと いい意味で期待を裏切られました。
 



個人的にも大好きなカラーリングと有機的なデザイン。
モダンなインテリアともバッチリマッチングしています。
 
製造方法もトラディショナルで、
遊牧生活で自然に寄り添いながら暮らす人々が長い月日をかけて
手作業で作られており、
 「普遍性」「使い込んで味わいが増す」という意味でも
カーフが目指すところと近く、ちょうど、春に向けて仕込んできた
30周年記念「一生モノ」オリジナル新作ソファと併せて
企画展をさせて頂くことになりました。
 
やはり家具、インテリアとの共演こそがカーフの持ち味ですからね。
 
 展示に先立ち、届いた製品を手に取ってみてみると、
やはりホンモノは写真で見るよりもはるかに良いんです。
 
その素材感、色合い・・・
プリミティブな風合いを残しながらもどこかモダンを感じさせる文様。


 
中でも「シルダック」と呼ばれるフェルト敷物は格別です!!
その製造手法はユネスコの世界無形文化遺産に登録されているようなので、
時代が変わっても守り作られ続けることでしょう。
 
そしてオリジナルソファもご覧のように堂々とマッチングしています。
こちらもTUMAR社のフェルト同様、
手入れさえしてあげれば30年50年と余裕でお使いいただけます。

 


羊毛フェルトはインテリア製品だけではなく、
玩具やアパレル製品もあります。^^
 



TUMAR社の中村氏、佐藤氏とストールを巻いて記念撮影。
僕たち年代の男性でもいけますよね?
肌触りもよく、気持ち良い〜!
使い込んで馴染んでいくのが楽しみなストールです。
 
個人的にはこのストールを、そして家のリージェントソファに合せてクッション、
サイズが合えばシルダックのラグを検討中です。
 
ぜひ僕と同世代の方々(モチロン若い方にも)に見ていただきたい企画展です。
 
3月1日(日)迄 開催してます。
 
 
 
karf official blog

●新年ご挨拶

category >社長のブログ

あけましておめでとうございます。
昨年中は何かとお引き立ていただきありがとうございました。


今年カーフは30周年を迎えます。
これもひとえに数多くのお客様をはじめ、お取引様、
支えてくれたスタッフや家族のお陰と深く感謝致しております。

思い起こせば20代半ば、家具作りに興味を抱き
職人さん達を訪ね歩くうちに家具の魅力に取り付かれ、
少しでも多くの人にこの魅力を伝えていきたいと思いスタートした時代が
つい昨日のことのように思われます。


あれから30年、私達の暮らしぶりも、
家具・インテリアを取り巻く環境も大きく変化しましたが
時代やスタイルが変化しても、
カーフが一貫して想い取り組んできたことがります。

それは私たちが取り扱うヴィンテージ家具がそうであるように、
10年20年と使い続けても、
手を加えながら世代を超えて受け継がれて行くような
価値の色褪せない家具を送り出すことです。

森の中でゆっくりと時間を掛けて育ってきた木を使い、
確かな技術で家具を作ることが
今後ますます難しくなっていきますが、30周年を迎えるにあたり
「100年スタンダード」をテーマに
「変わらない価値の探求」に
新たな気持ちで取り組んでいきたいと思います。


本年もよろしくお願いいたします。

株式会社カーフ
代表取締役 島田 雄一



 
karf official blog

●ブラックボードつくば店 リニューアルオープンしました。

category >社長のブログ


まるで秋が来たかのような快適な日が続いたかと思えば、
ここ数日はまた夏に逆戻り。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
去年のお盆明けもこんなことしていたな〜・・・と思い出しながら
わずか1年も経たないうちにでインテリアゾーンの改装を行いました。
「改装」と言っても元々がスケルトンにしただけのインテリアゾーンでしたから、
 正確には「造作しました!」が正しいですかね?!
 

改装前の店内は天井が高く、開放感もあって空間としてはとても気に入っていたのですが、
「家具を良く“魅”せる」と言う視点からするとどうにも悩ましく、
改装に踏み切るまで、大型のラックを持ち込んでみたり、
アンティークのドアを間仕切りに利用してみたりと、
どうすれば家具が引き立ってみえるか?
いろいろ手を尽くしてみたのですが、どうにもしっくりいかず、
思い切って今回の改装となりました。

 


ご覧のように、どちらかと言うと今までの内装は退廃的クラシックなイメージが強かったのですが、
今回は少し時間を現代に引き寄せ、「古いモノ」ばかりではなく、「新しいモノ」も
効果的に演出できるようにしてみました。
 
 
だいぶブラックボードのイメージがカーフに近づいたように思えます?
ぜひ装いも新たにリニュアルオープンしたブラックボードつくば店を訪ねてみてください。
karf official blog

イベント紹介 ”80社のベストセラー家具展” クラスカ(目黒区)にて

category >営業のメモ帳



こんにちは、企画の稲穂です。
突然ですが皆さんは”TABROOM(タブルーム)”というサイトをご存じでしょうか?

こちらは1年前にリクルートさんが立上げた国内最大級の家具サイトになります。
全国の選ばれた家具ブランド、インテリアショップの最新のニュースや新商品の情報、
カタログとしての要素も兼ね備えています。




今回その「TABROOM(タブルーム)」が1周年を記念しまして初めてのリアルイベント
「80社のベストセラー家具展」をクラスカ ギャラリー8Fにて
6月13日(金)〜14日(土)まで開催。入場は無料となります。

80社が持ち寄るベストセラー商品1点を、フロアにずらりと並べたイベント。
勿論カーフもベストセラー家具を1点展示させております。

明日(14日・土)は今のところ雨は降らないそうなので、目黒通り家具めぐりツアーとして
是非クラスカのイベントにもお立ち寄りください!

新しいブランド・家具の発見があるかもしれませんね!


■TABROOM(タブルーム)
http://tabroom.jp/

■イベント情報
http://tabroom.jp/contents/1st-3-80bestsellers/

■クラスカ
http://claska.com/

 
karf official blog

●ロードサイン

category >社長のブログ
いよいよ雨の季節到来ですね。
徒歩通勤の僕は、今年こそ「使えるレインシューズ」を
探し出そうと計画中です。
 
 さてさて今回のブログも引き続きBlackboardつくば店の
見所について書かせていただきたいと思います。
タイトルは「ロードサイン」です。

 

 もともと建物に付帯させるサイン以外に
「看板」なるものを計画していなかったBBつくば店ですが、
「何のお店か分からない?」とか、「前を通り過ぎてしまった」など、
お客様や知り合いからご指摘を頂き
急遽ロードサイドに看板を設置することにしました。
 
BBのイメージを壊さず、
「かっこよく」そして「分かりやすく目立つこと」をテーマにいろいろ悩んだ結果、
 フリーウェイの古いロードサインをイメージして作ることに。
 


 道のいたるところでお目にかかるロードサイン(いわゆる道路標識)ですが、
いったいどこに頼めば作ってもらえるんだろう?
 
と、早速インターネットで調べてみる事に・・・
 
程なくして見つけました!
ここなら相談にのってもらえそうだという業者さんが。
 
 
静岡の螢▲疋優奪スという業者さんなのですが、
ま〜その対応の早さと知識の豊富さには驚かされます。
 
希望を伝えラフスケッチを送ると、
それを元にすぐイメージ確認のデジタルデータやシートサンプルも送ってくれるし、
遠路つくばまで施工にも来ていただけるとの事で、
予算的にもイメージの範囲だったので、信頼してお願いすることに。
 

その出来上がりがコレです。


 
脚は亜鉛メッキの丸パイプ、
アルミの平板に反射シートとカッティングシートを貼り付けています。
設置当初はピカピカ感が拭えませんが、
時間と共に風雨にさらされいい感じにやれてくることでしょう。
 
反射シートを使っているので夜は車のライトに反応して目立つことは間違いなし!!

 

 
 担当して下さった高橋さん、岡田さんありがとうございました。
 
 それにしてもこちらのように異業種からのリクエストにも柔軟に対応ができる会社が、
これからインターネットを使って伸びていく会社なんでしょうね。
 
柔軟性、うちも頑張れねば!
いい勉強と刺激になりました。


 
 
karf official blog

●新入荷バブーシュのご案内

category >STAFF BLOG



こんにちは。
ショップスタッフの楠田です。

窓から店内へ、明るい陽の差し込む時間が長くなりました。
夏の訪れをすぐそこに感じます。

小さな頃はなんだか遊べる時間が長くなったような気がして、嬉しかったものです。
しかし、外は明るくても夕方のチャイムは待ってくれないのが現実。
帰るのには、まだもったいないのに、、、。
そう思いながら友達と別れて家に帰っていたのを思い出します。

みなさんはこの季節、どうお過ごしになられますか。
梅雨時期ですから、ご自宅でゆっくりとされることも多いでしょうか。
夏の旅行の計画にワクワクしたり、衣替えをしたり。

今回はこの季節にもご自宅で気持ちよく過ごしていただける室内履き、バブーシュをご紹介させて頂きます。以前よりお取り扱いさせて頂いておりますが、
再入荷のカラーlightgray、そして待望のキッズサイズ putit が入荷いたしましたのでご紹介させて頂きます。

再入荷カラー / lightgray



グレージュの色味は、白と並べても爽やかなカラーです。(※39サイズ・42サイズのみのご案内となります。)

そして、キッズサイズの putit はこちら。

見た目にも可愛らしいサイズ感です。
親子でお揃いにされても良いですね。
yellowとlightgrayの2色をご用意いたしました。


現在、1F雑貨コーナー奥ではバブーシュの製作過程をお写真でご紹介しております。
現地モロッコの職人さんによって丁寧にこだわりをもって作り出された一足。
その背景をお伝え出来ましたら嬉しく思います。

天然の革を使用しているので、初めは特有の香りがしますが使っていくうちにその香りは無くなり、
履き込む程に足に馴染むので、とても履き心地が良くなります。

言葉で表現するのは難しいのですが、 本当に“良いもの”です。

この時期にはサラッと、冬場は暖かく、通年お使いいただけるスタッフにも愛用者の多いバブーシュです。

是非この機会にお立ち寄りくださいませ。
みなさまのご来店をスタッフ一同お待ちしております。

39 size:23cm-24cm ¥4,400/本体価格 (¥4,752/税込)
42 size:24cm-25cm ¥4,400/本体価格 (¥4,752/税込)
44 size:26cm ¥4,800/本体価格 (¥5,184/税込)
putit:18cm ¥3,000/本体価格 (¥3,240/税込)

 

 




 
karf official blog

●「パルクール」

category >社長のブログ

前回のブログ「翼」を書いている途中、ある動画を思い出しました。

その動画がこれです!
 
 

 
映像はアメリカ ロサンゼルスで活躍するフリーランニングチーム、
TEMPEST(テンペスト)が2013年に制作したもので、
飛行機のスクラップヤードを縦横無尽に飛び回るのは
世界で活躍するトレーサー(パルクールを実践する人のこと)達・・・
 
なかなか壮観な動画です。
 
息子を通して知ったのですが、
彼らの動きをアメリカでは「フリーランニング」、
ヨーロッパでは「パルクール」と呼ぶそうです。


 

 
2001年に公開された仏映画「YAMAKASI」で
世界的に知られるようになり、
日本の映画やTVコマーシャルにも取り入れられています。
 

それにしても同じ飛行機に対するアプローチの仕方は
人それぞれで興味深いですね!
karf official blog

●パイオニア CDミニコンポ × ブラックボードつくば店

category >営業のメモ帳


こんにちは、広報担当の稲穂です。

先月末にパイオニアさんが運営しています
AV機器とインテリアのライフスタイル提案サイト
「lifestyle-net.com」にて

"スタイリッシュCDミニコンポ × ブラックボードつくば店”

として取材記事がアップされました。


:::::::::::::::::::::::::
”おすすめAVインテリア × パイオニア” 
このインテリアショップとパイオニアのコラボ企画に、
第一回目にカーフとして参加させていただいております。
※前回カーフ取材記事
:::::::::::::::::::::::::


取材には“lifestyle-net.com”を担当しています
ヴィジュアルマーチャンダイザーの山川直子さん
パイオニアWEB制作の橘内さん。
自分が広報担当になってからもう10年近いお付き合いです!




撮影は開店前のブラックボードつくば店。
私を含め、それぞれの自宅を出たのは早朝6時前。
つくば店に着くや、ミニコンポを様々なインテリアシーンに当て込みながら
瞬間瞬間の「いいね!」をどんどん切り取っていただきました。

店内を小走りで移動をしながらテキパキと撮影を進行させつつも、
「最近どーですか?」のセリフから始まる  雑談? → 脱線?? → 本線  のループ(笑)
いつも楽しい現場です。




本来は商品の撮影場所(位置)を打合せの段階である程度決めてから、
当日段取通りに撮影をしていきます。

「やっぱり実際に見ないとわからないですよね!当日に置く場所を判断していきましょう!」
 と私の偉そうな発言。(ちなみに一番年下です)


結果、”店内を小走り移動”になった原因の半分はこの一言でしょう。。。。スミマセン!




カメラマンとしてただ写真を撮るのではなく、山川さんから見たブラックボードの魅力を
ミニコンポとうまくスタイリングをしながら撮影をしていきます。

インテリアとのコーディネートを目で楽しむのも、他には無いこのサイトの魅力の一つですね。





デザインや音などに強いこだわりを持って商品開発をされているパイオニア。

素敵なオーディオをブラックボードのインテリアと組み合わせることで、
自分たちもコーディネートの面白さや、新しい発見をすることができました。

是非ともまたご一緒にお仕事させて頂ければと思います!




商品にご興味を持たれた方は、こちらを是非チェックしてください!

■パイオニア HP
■ライフスタイルネット. com 
■"スタイリッシュCDミニコンポ × ブラックボードつくば店”





:::::::::::::::::::::::::::::

その後BBカフェのランチを食べて、取材は無事終了。

「ビール飲みたいですね〜」の会話で盛り上がりました(笑)


karf official blog

Copyright © 2011 karf co.ltd. All Rights Reserved.