Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
About us
Search this site.
 

info
karfweb
bbweb syatyo.png gokan.png staff.png guest.png eigyo.png

●遊牧民と羊毛フェルト

category >社長のブログ




弊社のブログ、メルマガでも告知させていただいておりますが、
カーフショップにて「羊毛フェルトのある暮らし」展を開催しています。
 
フェルトといえばそのやさしい印象と手触り。
そして北欧デザイナーが手がけるモダンなデザインのフェルト製品を思い浮かべますが、
昨年末にスタッフから
 
「キルギスTUMAR社のフェルト製品を扱う方がいらっしゃって、すごく素敵なんです!」

と聞かされて、キルギス共和国?フェルト?・・・・と、
頭の中で勝手にエスニックなイメージを抱いていたのですが、
資料を見せてもらうと いい意味で期待を裏切られました。
 



個人的にも大好きなカラーリングと有機的なデザイン。
モダンなインテリアともバッチリマッチングしています。
 
製造方法もトラディショナルで、
遊牧生活で自然に寄り添いながら暮らす人々が長い月日をかけて
手作業で作られており、
 「普遍性」「使い込んで味わいが増す」という意味でも
カーフが目指すところと近く、ちょうど、春に向けて仕込んできた
30周年記念「一生モノ」オリジナル新作ソファと併せて
企画展をさせて頂くことになりました。
 
やはり家具、インテリアとの共演こそがカーフの持ち味ですからね。
 
 展示に先立ち、届いた製品を手に取ってみてみると、
やはりホンモノは写真で見るよりもはるかに良いんです。
 
その素材感、色合い・・・
プリミティブな風合いを残しながらもどこかモダンを感じさせる文様。


 
中でも「シルダック」と呼ばれるフェルト敷物は格別です!!
その製造手法はユネスコの世界無形文化遺産に登録されているようなので、
時代が変わっても守り作られ続けることでしょう。
 
そしてオリジナルソファもご覧のように堂々とマッチングしています。
こちらもTUMAR社のフェルト同様、
手入れさえしてあげれば30年50年と余裕でお使いいただけます。

 


羊毛フェルトはインテリア製品だけではなく、
玩具やアパレル製品もあります。^^
 



TUMAR社の中村氏、佐藤氏とストールを巻いて記念撮影。
僕たち年代の男性でもいけますよね?
肌触りもよく、気持ち良い〜!
使い込んで馴染んでいくのが楽しみなストールです。
 
個人的にはこのストールを、そして家のリージェントソファに合せてクッション、
サイズが合えばシルダックのラグを検討中です。
 
ぜひ僕と同世代の方々(モチロン若い方にも)に見ていただきたい企画展です。
 
3月1日(日)迄 開催してます。
 
 
 
karf official blog

●新年ご挨拶

category >社長のブログ

あけましておめでとうございます。
昨年中は何かとお引き立ていただきありがとうございました。


今年カーフは30周年を迎えます。
これもひとえに数多くのお客様をはじめ、お取引様、
支えてくれたスタッフや家族のお陰と深く感謝致しております。

思い起こせば20代半ば、家具作りに興味を抱き
職人さん達を訪ね歩くうちに家具の魅力に取り付かれ、
少しでも多くの人にこの魅力を伝えていきたいと思いスタートした時代が
つい昨日のことのように思われます。


あれから30年、私達の暮らしぶりも、
家具・インテリアを取り巻く環境も大きく変化しましたが
時代やスタイルが変化しても、
カーフが一貫して想い取り組んできたことがります。

それは私たちが取り扱うヴィンテージ家具がそうであるように、
10年20年と使い続けても、
手を加えながら世代を超えて受け継がれて行くような
価値の色褪せない家具を送り出すことです。

森の中でゆっくりと時間を掛けて育ってきた木を使い、
確かな技術で家具を作ることが
今後ますます難しくなっていきますが、30周年を迎えるにあたり
「100年スタンダード」をテーマに
「変わらない価値の探求」に
新たな気持ちで取り組んでいきたいと思います。


本年もよろしくお願いいたします。

株式会社カーフ
代表取締役 島田 雄一



 
karf official blog

●ブラックボードつくば店 リニューアルオープンしました。

category >社長のブログ


まるで秋が来たかのような快適な日が続いたかと思えば、
ここ数日はまた夏に逆戻り。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
去年のお盆明けもこんなことしていたな〜・・・と思い出しながら
わずか1年も経たないうちにでインテリアゾーンの改装を行いました。
「改装」と言っても元々がスケルトンにしただけのインテリアゾーンでしたから、
 正確には「造作しました!」が正しいですかね?!
 

改装前の店内は天井が高く、開放感もあって空間としてはとても気に入っていたのですが、
「家具を良く“魅”せる」と言う視点からするとどうにも悩ましく、
改装に踏み切るまで、大型のラックを持ち込んでみたり、
アンティークのドアを間仕切りに利用してみたりと、
どうすれば家具が引き立ってみえるか?
いろいろ手を尽くしてみたのですが、どうにもしっくりいかず、
思い切って今回の改装となりました。

 


ご覧のように、どちらかと言うと今までの内装は退廃的クラシックなイメージが強かったのですが、
今回は少し時間を現代に引き寄せ、「古いモノ」ばかりではなく、「新しいモノ」も
効果的に演出できるようにしてみました。
 
 
だいぶブラックボードのイメージがカーフに近づいたように思えます?
ぜひ装いも新たにリニュアルオープンしたブラックボードつくば店を訪ねてみてください。
karf official blog

●ロードサイン

category >社長のブログ
いよいよ雨の季節到来ですね。
徒歩通勤の僕は、今年こそ「使えるレインシューズ」を
探し出そうと計画中です。
 
 さてさて今回のブログも引き続きBlackboardつくば店の
見所について書かせていただきたいと思います。
タイトルは「ロードサイン」です。

 

 もともと建物に付帯させるサイン以外に
「看板」なるものを計画していなかったBBつくば店ですが、
「何のお店か分からない?」とか、「前を通り過ぎてしまった」など、
お客様や知り合いからご指摘を頂き
急遽ロードサイドに看板を設置することにしました。
 
BBのイメージを壊さず、
「かっこよく」そして「分かりやすく目立つこと」をテーマにいろいろ悩んだ結果、
 フリーウェイの古いロードサインをイメージして作ることに。
 


 道のいたるところでお目にかかるロードサイン(いわゆる道路標識)ですが、
いったいどこに頼めば作ってもらえるんだろう?
 
と、早速インターネットで調べてみる事に・・・
 
程なくして見つけました!
ここなら相談にのってもらえそうだという業者さんが。
 
 
静岡の螢▲疋優奪スという業者さんなのですが、
ま〜その対応の早さと知識の豊富さには驚かされます。
 
希望を伝えラフスケッチを送ると、
それを元にすぐイメージ確認のデジタルデータやシートサンプルも送ってくれるし、
遠路つくばまで施工にも来ていただけるとの事で、
予算的にもイメージの範囲だったので、信頼してお願いすることに。
 

その出来上がりがコレです。


 
脚は亜鉛メッキの丸パイプ、
アルミの平板に反射シートとカッティングシートを貼り付けています。
設置当初はピカピカ感が拭えませんが、
時間と共に風雨にさらされいい感じにやれてくることでしょう。
 
反射シートを使っているので夜は車のライトに反応して目立つことは間違いなし!!

 

 
 担当して下さった高橋さん、岡田さんありがとうございました。
 
 それにしてもこちらのように異業種からのリクエストにも柔軟に対応ができる会社が、
これからインターネットを使って伸びていく会社なんでしょうね。
 
柔軟性、うちも頑張れねば!
いい勉強と刺激になりました。


 
 
karf official blog

●「パルクール」

category >社長のブログ

前回のブログ「翼」を書いている途中、ある動画を思い出しました。

その動画がこれです!
 
 

 
映像はアメリカ ロサンゼルスで活躍するフリーランニングチーム、
TEMPEST(テンペスト)が2013年に制作したもので、
飛行機のスクラップヤードを縦横無尽に飛び回るのは
世界で活躍するトレーサー(パルクールを実践する人のこと)達・・・
 
なかなか壮観な動画です。
 
息子を通して知ったのですが、
彼らの動きをアメリカでは「フリーランニング」、
ヨーロッパでは「パルクール」と呼ぶそうです。


 

 
2001年に公開された仏映画「YAMAKASI」で
世界的に知られるようになり、
日本の映画やTVコマーシャルにも取り入れられています。
 

それにしても同じ飛行機に対するアプローチの仕方は
人それぞれで興味深いですね!
karf official blog

●「翼」

category >社長のブログ

既に何度かご紹介させていただいておりますが、
昨年秋に茨城県つくば市にブラックボード2号店をOPENしました。

姉妹店「style shop(スタイルショップ)」があるつくば市は、
都心から車でわずか1時間程の距離でありながら
緑豊かなとても美しい街です。
 
 


以前から環境のよい場所に大きなハコを借りて「今」の
自分たちの思うブラックボード・テイストのインテリアを表現し、
物販はもとより食事やお茶が楽しめ、くつろいでいただける場所を提供し、
訪れた方が「くらし」を考えるヒントになればとの想いで、
人に感動を与えられる劇場のような空間を目指しました。


 


もうすでにご来店いただけた方もいらっしゃるかと思いますが、
改めてつくり手側からの「こだわり」や「見所」などを
ご紹介させていただきたいと思います。

今回はタイトル通り「翼」です。
 


 店の入り口を入るとすぐ右側に銀色に鈍い光を放つ袖壁のようなモノがそびえ立っています。
お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこれセスナの翼なんです。

正に「買ってど〜すんの?」的な真骨頂でしょう!?
 
 

 1年程前だったでしょうか?
このブログでも何度か登場した僕の「買ってど〜すんの?」
師匠でもあるYOSSIがセスナのスクラップを買ったとの情報を聞きつけ、
片方だけ譲っていただいたものです。
 
実物も見ないで買ったので、届いてみたらこれがま〜デカイことデカイこと。(汗)
当面使う予定もなかったので倉庫で眠らせていたものなんですが、
思いのほか早く日の目を見ることになりました。
 
 
取り付けに際し、さんざん悩んだ末、この使い方に決定!
これ間違えると、変わった趣味のスクラップ屋さんみたいになりますから要注意ですね(笑)
 

スクラップをCOOLに使うのがBB流ですから。
訪れた方が「えっ!何これ?ヒコーキの翼??」と驚いてもらえたら「してやったり」です。
 

(剥離作業) もとはこんな冴えない色目です
 
 
そして話は変わりますが、BBつくばには小さなギャラリーがあります。
私たちに何か感じさせてくれる作家さんや作品を紹介し、
来店された方に楽しんでいただこうと考え作ったスペースなんです。
 
オープンから先日まではブラックボードでオリジナル照明製作にご協力いただいてます、
照明作家「ラ・パーゴラ」さんを紹介しておりましたが、
この2月6日より今回のブログでも触れた
我が師匠YOSSIの創作活動「SOLA DESIGN」の作品展示をしています。
 
 
「翼」と併せてごらんいただければ幸いです。
 
karf official blog

●年頭あいさつ

category >社長のブログ

2014年 あけましておめでとうございます。

おかげ様で昨年も多くの方々に支えられ
充実した一年を過ごすことができました。
 
とりわけ秋の「ブラックボードつくば」出店では、
従来のビンテージ家具に加え「カフェ」という未経験分野を携え
ローカルエリアへの初出店ということもあり、
不安や判断に迷うことが多々ありましたが、
プロジェクトに参加いただいたクリエーターの方々はじめ姉妹店スタッフ、
その他 たくさんの方々にご協力、アドバイスいただき
無事オープンすることが出来ました。
 
まだまだヨチヨチ歩きですが、
今年はご協力いただいた方々の熱い想いに応えられるよう
しっかり頑張って多くのお客様に愛され、
リスペクトされるショップに育てていきたいと思っています。
 

そしてカーフ目黒店、ブラックボード目黒店共々、
私たちの理念である

「暮らしの創造」

をテーマに家具・インテリアの仕事を通して
「暮らしの大切さ」や
「ものを大切にするこころ」を
伝えていきたいと思っています。
 
 
本年もどうぞ宜しくお願いいたします。
 

株式会社カーフ
代表取締役 島田 雄一

karf official blog

●「イギリス」 vol.2

category >社長のブログ


梅雨に入りましたが、
ここのところ気持ちの良い天気が続いていますね!

さて今回は前回ご紹介したイギリス買い付け商品の一部を紹介いたします。

「社長のブログ」を多くの方にチェックいただいているようで、大変嬉しく思っています。
これからも楽しんで読んで頂けるよう頑張りますので、よろしくお願いします。
 


 

 


まずはロートアイアンで作られたマガジンラックです。
叩いたり、曲げたり、手の込んだ作りしてます。
 


ピアノの鍵盤とハンマー。今回の目玉。
 
鍵盤を目にする機会はありますが、
それ以外のメカニカルな部分まで見るチャンスはそう無いですよね!?
白鍵は変色から察するに象牙製、黒鍵は黒檀かな?
80年代、スティービーワンダーとポールマッカートニーがデュエットして大ヒットした
「エボニー&アイボリー」という曲を思い出します。
 
でもこんなもん買い付けても誰も買わないだろ〜な〜。。涙)
 


とてもきれいななオレンジ系カラーのトランクと、
ブラックボードテイストのクールなトランクです。
最近ではコーヒーテーブルとして使われる方が増えています。
 

壊れたバイオリン。少しづつ買い集めてます。
いつかコレで壁を埋め尽くそうかと・・・(笑)
 


画材やさんのものと思われるホーローのサインボード。
グラフィックとカラーの両方がイケてるサインに出くわすことはとても稀ですが、
コレは完璧です。
 

マホガニー製の階段の手すりです。
材料の貴重さもさることながら、造形的にもダリのヒゲみたいで可愛いのですが、
運んでみるとコレが意外にでかくて重い!
マンモスのツノを運んでる感覚?そして迫力あります。
 


アフガニスタン製のラグ
羊毛を使い、厚手でしっかりと作られた大判のラグです。
柄に戦車が描かれているのが特徴的で、1979年ソビエト連邦による
アフガニスタン侵攻の影響が図案として取り入れ表現されたもののようです。
 


チャーチ・チェア
ちゃんと売れ筋も押さえておかないといけませんね! ふっふっふっ
 
時代が新しいのか、キッチリと作られたチャーチ・チェアです。
 


地図
最近、気になっていろいろ買い集めています。
年代年代で今は存在しない国名を発見したり、この時代の東欧の都はどんなだったんだろう?
とノスタルジックな想像力を掻き立ててくれます。
 

ステンドグラス
大人な、そしてクールなステンドグラスです。
しかもフレームは銅で出来ているのでそこがまたグッときます。
 

オーク・エクステンションテーブル
無垢のオーク材に黒系の染色が施されたターンレッグ(挽もの脚)テーブルです。
ヤレ具合が何ともいいのです。どんなメンテがふさわしいのかが悩みのタネです。
 
 
 
ブログを書くのに改めて写真を見てみると、
自分のセレクトには惚れ惚れして届くのが待ち遠しいのですが
冷静に考えてみると・・・
「買ってど〜すんの?」カテゴリー的なモノが多いような気がして仕方ありません。。。
 
不安になって、いま必死で商品らしきものをどれほど仕入れたか記憶をめぐらせています・・・(笑)
 
 
商品(?)は6月末位にポツリポツリと店頭に並ぶ予定です。
karf official blog

●「イギリス」 Vol.1

category >社長のブログ
 


3月〜4月上旬にかけて、イギリスに買い付けに行ってきました。


本来は1月末に予定していたのですが、大きなフェアが雪で中止になり、
出発間際の2日前に連絡が入りギリギリで予約をキャンセルし、事なきを得ました。
 
もし現地から連絡なければ、ヒースロー空港から車を借りて3時間以上走って
フェア会場近くのホテルのフロントで中止を宣告されてあ然としていたかと思うとぞっとします。
 
今回はアシスタントにスタッフの浅井を同行し長距離ドライブとインボイスを
担当してもらいました。(街に溶け込んでますね)





いつものイギリスでの買い付けは、チーク系のモダンアイテムが中心ですが、
比較的在庫が充実しているのと少し雰囲気を変えたいと思いテーマを「NEW BLACK AGE」
とか勝手に造語をつくり、ややクラシックや退廃的なテイストのモノを集めてみることにしました。

それと最近のロンドンのカフェ事情なども気になるので、時間を見つけて
カフェめぐりしてみました。

今回はそんな様子をスナップ写真でご紹介します。



地下鉄駅階段のノンスリップ。
ここランカスター・ゲイト駅のは珍しくCopper(銅製)です。




ブラックボード的には反応せずにいられなカフェ。
昔はアンティークマーケットで賑わったエンジェル、アッパー St




アパレルショップのカウンターに鎮座するコーヒーマシーン。
聞くところによると、ここで提供するコーヒーは世界一(?)を取ったらしい.。





アンティークショップ内にある作業場。





いま人気でいけてるピザ屋のインテリアです。
インダストリアルでビンテージです。




絵に描きたくなるような街角。




日は長くなってましたが、春はまだまだ。 道中はこんな雪景色でした。




うちのミスターに古い街角が似合います。




是非お見せしたかった、たった1席だけののバーバー。




黒板(Black Board)の効果はスゴイ!!



以上、次回は買い付け商品の一部をご紹介します。
karf official blog

●熱い夏

category >社長のブログ



まだまだ寒い日がつづきますね。
皆さまお変わりありませんか?

寒い冬に夏の話もなんですが、
実は昨年の夏、悲願の大型バイクの免許を取得しました^^

何となく気持ちのどこかで「いつかは大型バイクでツーリング・・・」
なんてイメージしていたのですが、
そろそろ具体的に実現していかないと思い立ち、某教習所のHPを覗いてみたら、
なんと、予想もしてなかった年齢制限があったのです!

しかも、僕の歳だと既に4年も過ぎており、電話で確認するもやはりNG。
あわてて他を探してみると、捨てる神あれば拾う神ありで、
通えるところにちゃ〜んとありました。





勢いで入ったは良かったのですが、バイクに乗るのも25年ぶり・・・
多少の不安はありましたが、還暦を迎えてから
初めて中型二輪を取りに来られてる方もいたので、心強かったです。

久しぶりの教習所♪ 
若い人に混じって頑張って毎日早起きして、自転車通勤中もイメージトレーニング。
そしてついに念願の大型二輪免許を手に入れたのです^^

ところが、いざ免許を取ってみると安心したのか・・?熱が冷めたのか・・?
いまひとつ乗りたいバイクが見つかららずにいると・・・
友人に「なに買うの?」「あれ〜っ?まだ買ってない?」と聞かれ続け、
バイクのベストシーズンも去り、ついに忘年会。
一年の振り返り話で、またまた話題に「買った?」「えっ!まだ〜?」からスタートし、
ハーレーは似合わない!」だの「やっぱBMWにするべき!」だの、
オヤジのバイク談義で盛り上がりました。


そして先日、まずはコレかな?!!と、
たまたま見つけて購入したのがこのモトグッチ V35 イモラ号です。



V型エンジンとクラシカルなカウリング、そしてイタリアの赤・・・いい感じです。
サウンドもなかなか良いんです♪

でもこのバイク、排気量が350ccで中型免許で乗れるバイクなんですね〜(笑)
たまたま気に入って買ったバイクが中型だった訳でして・・・。(汗)



現在「買ってど〜すんの?」の師匠にメンテお頼いしてます。
彼ののガレージにあると現物以上に良く見えるので不思議です。。
無事にメンテを終えて街に出れるのが楽しみです。
バイクは風で季節を感じますからね〜!


karf official blog

Copyright © 2011 karf co.ltd. All Rights Reserved.