Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
About us
Search this site.
 

info
karfweb
bbweb syatyo.png gokan.png staff.png guest.png eigyo.png

●ぬくもりから伝わること

category >STAFF BLOG
ここ数日やっと春の気配がしてまいりましたが皆さまいかがお過ごしでしょうか?

1/31より好評をいただいております ”羊毛フェルトのある暮らし” 展も
いよいよ今週末までとなりました!

お買い物の途中にお立ち寄りいただくお客様やキルギスに旅行を計画中のお客様まで....
さまざまなお客様に足を運んでいただき、SHOPスタッフ一同本当にうれしく思っております。

最終回となります今回は、羊毛フェルトのルームシューズのご紹介です。

ころんとした優しいかたちのルームシューズですが、
なんとっ!! 1つ1つていねいに手作業で作られております。

製作のプロセスを簡単にご紹介させていただきますと...
〃燭匹

原形となる枠に羊毛を重ねて熱した石けん水をかけて押さえなじませていきます。

⊆茲蟒个

脚の入る部分を切り取り、中の型を取り出してひっくり返します。

0欺

くつの形に整えてからシルクの布に包んで丸め、手から肘を使って
何度も何度も圧力をかけ圧縮していきます。(重労働!)
この作業でサイズと厚みを調整していきます。

だ型

圧縮したフェルトを木型にかぶせ、ねじれや浮きが無いように密着させていきます。

ゴチ隋仕上げ

キルギスの乾燥した空気の中で自然乾燥します。
仕上げに表面をカミソリで整え、裏面にすべり止め処理をします。

Υ粟!!

※もっとくわしく知りたい方は、TUMAR JAPANのHPでもご覧いただけますので是非!

本当にじっくりていねいに作られているので、軽いのにとてもしっかりしていて
型くずれの心配もご無用です。
そしてこのルームシューズ。じつは私も自宅で愛用させていただいております♪

実際のはき心地はというと....
ふあっと柔らかく足を包んでくれて抜群の暖かさです。
足裏から伝わる安心感は、ほっとリラックスした気分にさせてくれます。

羊毛に含まれる「ウールグリス」にはたくさんの効能があるというので
遊牧民を習って素足で履いてみると…
乾燥の季節にもかかわらず、かかとが日に日にすべすべになってまいりました!
むれずにサラサラなので一年中通して使えそうです。



厳しい自然の中で暮らしていくための知恵がつまったフェルトシューズを履いていると、
遠い異国の大草原で暮らす人たちに思いがめぐり、本当にゆっくりとした時間が流れます。

上質なものをながく大切にしていくことが豊かなくらしにつながっていくのだと
改めて考えさせられます。

イベントも残りわずかとなりますが、ぜひこの機会に
羊毛フェルトの魅力を感じにいらしてくださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております!
karf official blog

●砂風呂vol.14 「かわいい」

category >STAFF BLOG
ショップスタッフの砂子田です。

昨日は「建国記念の日」で祝日。
定休日の水曜日でしたが営業をさせていただき、大変多くのお客様にご来店いただきました。
誠にありがとうございます。

現在開催中のイベント「羊毛フェルトのある暮らし」も大変ご好評をいただいております。

「触り心地」、「デザイン」と日本で初めてのお披露目となりますが、
手にとってその良さを感じてくださる方も多く、とても嬉しく思っております。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





今回のイベントで商品を展示させていただいているTUMAR社の製品。


*****************************************************
TUMAR社の製品にはアイテムそれぞれに技術や歴史があります。
*****************************************************








・・・そんなTUMAR社製品の商品背景は今回のブログではあえて一旦おいといてみます。。









おいてみます。。







おいてみます。。。







おいてみます。。。。







ひつじ年







おいてみます。。。。。









宙に浮かしてみます。







下からのぞいて。







下からのぞいて。。







下からのぞいて。。。




!!!!!!!



どうでしょうか??!



商品の歴史を置いておいたとしても、、、


ただただ、単純にカワイイ!!


カワイイですよね?!





言うまでもなく、すべてのアイテムがスタッフの中でも話題ですが、

カーフでは普段店頭には並ばないアイテムで、ついつい目を惹いてしまうのがこちらのBAGたちです。






今回はアジア初の取り扱いということもあり当店でしかお目にかかれませんが、

これからいろんなセレクトショップさんからも引っ張りだこになるのではないでしょうか?!



BAG/¥19,440(税込)











そのサイズ感、ディティール、カラーは男女問わずご使用いただけます。


BAG/¥15,984(税込)












カップル、ご夫婦で一緒に使うのも良いですね*


BAG/¥16,200(税込)







ちなみに私の一押しはこちら・・・




リュックです!!


BAG/¥22,680(税込)


カワイイですよね!!



デニムなどでカジュアルな合わせ方はもちろん、

個人的にはキレイめなお洋服のはずしアイテムとして使いたいです!




落ち着いたカラーはジャッケトスタイルにも◎




これから春に向けてシャツやTシャツなどにサラッと合わせて、

フェルトの素材感を引き立たせるのも良いですね。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


思わず「カワイイ」と言ってしまいたくなるTUMAR社製品。


見た目から手に取ってしまいたくなる「かわいらしさ」と

実際にさわった時の「フェルトのあたたかみ」。


この機会に体感してください*




2015年3月1日(日)まで開催しています!
karf official blog

●新入荷バブーシュのご案内

category >STAFF BLOG



こんにちは。
ショップスタッフの楠田です。

窓から店内へ、明るい陽の差し込む時間が長くなりました。
夏の訪れをすぐそこに感じます。

小さな頃はなんだか遊べる時間が長くなったような気がして、嬉しかったものです。
しかし、外は明るくても夕方のチャイムは待ってくれないのが現実。
帰るのには、まだもったいないのに、、、。
そう思いながら友達と別れて家に帰っていたのを思い出します。

みなさんはこの季節、どうお過ごしになられますか。
梅雨時期ですから、ご自宅でゆっくりとされることも多いでしょうか。
夏の旅行の計画にワクワクしたり、衣替えをしたり。

今回はこの季節にもご自宅で気持ちよく過ごしていただける室内履き、バブーシュをご紹介させて頂きます。以前よりお取り扱いさせて頂いておりますが、
再入荷のカラーlightgray、そして待望のキッズサイズ putit が入荷いたしましたのでご紹介させて頂きます。

再入荷カラー / lightgray



グレージュの色味は、白と並べても爽やかなカラーです。(※39サイズ・42サイズのみのご案内となります。)

そして、キッズサイズの putit はこちら。

見た目にも可愛らしいサイズ感です。
親子でお揃いにされても良いですね。
yellowとlightgrayの2色をご用意いたしました。


現在、1F雑貨コーナー奥ではバブーシュの製作過程をお写真でご紹介しております。
現地モロッコの職人さんによって丁寧にこだわりをもって作り出された一足。
その背景をお伝え出来ましたら嬉しく思います。

天然の革を使用しているので、初めは特有の香りがしますが使っていくうちにその香りは無くなり、
履き込む程に足に馴染むので、とても履き心地が良くなります。

言葉で表現するのは難しいのですが、 本当に“良いもの”です。

この時期にはサラッと、冬場は暖かく、通年お使いいただけるスタッフにも愛用者の多いバブーシュです。

是非この機会にお立ち寄りくださいませ。
みなさまのご来店をスタッフ一同お待ちしております。

39 size:23cm-24cm ¥4,400/本体価格 (¥4,752/税込)
42 size:24cm-25cm ¥4,400/本体価格 (¥4,752/税込)
44 size:26cm ¥4,800/本体価格 (¥5,184/税込)
putit:18cm ¥3,000/本体価格 (¥3,240/税込)

 

 




 
karf official blog

●展示現品販売のご案内でございます。

category >STAFF BLOG

皆様こんにちは。

冷え込む朝晩、気がつけばクリスマスを目前に、

本年も残すところ、僅かとなりました。


今年のうちに行きたい場所、今年のうちに整理したい場所、今年のうちに、、、

karfでは、年内にご用意できる家具を展示現品販売にてご用意しております。


【HOLZ STUDIO TABLE】

オーク材とスチール脚の組み合わせのダイニングテーブルでございます。
今回展示現品販売でご提供させていただくサイズは 2メートル と、
とても存在感のある大きさでのご用意となります。

 価格 ¥252,000- → ¥189,000-(税込) 
 サイズ:W2000 D800 H710
 天板:オーク材無垢/オイル仕上げ
 脚:スチール黒革風焼付塗装


【HOLZ STUDIO COFFEE TABLE】

上記と同じくHOLZのシリーズ、こちらはCOFFEE TABLEでございます。
男性的な印象を持ちつつ、温かみのあるデザインはリビングスペースにお勧めでございます。

 価格:¥147,000- → ¥124,900-(税込)
 サイズ:W1500 D530 H450
 天板:オーク材無垢/オイル仕上げ
 脚:スチール黒革風焼付塗装
 

【SNOWMISH CABINET (L)】


程よいサイズ感と見た目以上に収納力のあるキャビネットでございます。
取っ手部分はバットの持ち手に似た形状で掴みやすい造りとなっております。
お部屋のシンボルに、いかがでしょうか。

 価格:¥136,500- → ¥109,200-(税込)
 サイズ:W1300 D400 H840
 材種:アッシュ材無垢(一部突板)/オイル仕上げ
 扉:ウレタン塗装(ホワイト)
 
※SNOWMISHシリーズでSサイズでも同色ホワイトの展示現品販売をご用意しております。
 【SNOWMISH CABINET (S)】
 価格:¥80,850- → 
¥64,600-(税込)



上記商品の仕様等、詳細につきましては、スタッフまでお問い合わせくださいませ。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。


karf official blog

●砂風呂vol.13 「マテリアル」

category >STAFF BLOG



気温もググッと寒くなり、アッという間に秋が冬に追いこされたようで少しさみしい

秋好きショップスタッフ砂子田です。


そんな今日この頃ではありますが、先日カーフではクリスマスツリーを出し、

気分はウキウキしはじめました♪







毎年ご好評いただいておりますオーナメントの新作もありますので、

ご来店の際にはチェックしてください*










****************************************************
****************************************************














infomationでもご紹介をさせて頂いておりますが、

現在カーフではガラス作家 川部倫子さんの作品展「Lights」を開催しています。














今回、川部さんの作品をみていて思うこと・・・ 

「あたたかい」、「存在感」そんなワードが頭に浮かびます。







このふたつのワードは、ガラスという素材を思い浮かべたときに

すぐには連想しない言葉のように思います。





いつものガラスのイメージといえば・・・


ガラス → 「つめたい」

ガラス → 透明感があり「スッキリ」している



と、感じることが多いのですが川部さんの作品は違うのです。















思わずジッと見とれてします。

ひとつひとつから「パワー」が発されている・・・そんな印象です。



作家さんである川部さん。


アーティスティックで、気さくで、私たちにも明るく気兼ねなくお話ししてくださいます。

川部さんのお人柄が作品を通して感じることができます。















ガラス・・・あらためて考えます。


電球を使って光らせる。

太陽の光に照らされて輝く。

暗いところでも、確かにある存在感。



ガラスひとつでもいろいろな表現があるのですね。

















今回の作品をみているとガラスという素材が、「製法」、「見せ方」、そして「作り手」によって

様々な表情をみせるものだと知ることができました。





普段より私たちカーフが大切にしているモノの「素材感」。









ガラス




ひとつづつでも多様な表情を見せるのに、

それらを組み合わせることで、無限の表現ができるのではないかと考えます。















・・・と、少々ふわっとした感覚的な話になってきてしましましたが、





お客様が表現したいと思われている「感覚」を、

少しでもカタチにするお手伝いができればと思っています。





使い勝手や機能だけではない家具のお話、楽しくさせてください。







「Lights」は今週末11/24日で終了します。

ぜひともこの機会にご来店くださいませ。







最後になりましたが、

川部さんありがとうございます。



karf official blog

●名作椅子並べました。

category >STAFF BLOG


SHOPスタッフの山本です。

梅雨が明け、暑い日が続いておりますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか?



今回は、北欧ファンのお客様には今さらと思われてしまうかもしれませんが
カーフ3Fにも展示がありますハンス・ウェグナーの椅子についてお話してみたいと思います。




(写真の椅子はすべてハンス・ウェグナーがデザインした椅子です。)


まずは、お決まりのプロフィールをダイジェスト版にて

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

     ハンス・ウェグナー

1914年 デンマークのトゥナーで、靴職人の父ピーター・ウェグナーと母ニコライ・ラーセンの
     間に4月2日生まれる

1931年 家具職人の徒弟として年季奉公を務める

1960年 アメリカ大統領選でジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンがCBSテレビで討論を
     行った際にウェグナーの「The Chair (ザ・チェア)」が使用された。
      
1995年 生まれ故郷のトゥナーにウェグナー博物館が開館

2007年 1月26日 92歳で逝去


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


ポイントはウェグナーが世界的なデザイナーである以前に、家具職人であるということです。
ウェグナーは生涯500脚もの椅子をデザインしましたが、その作りや美しさを見れば納得できると
思います。


では、今回は私の好きな2脚の椅子について書きたいと思います。


まずはこちらのおなじみの椅子。





ウェグナーを知らない方でも、この椅子を1度は目にされたことはあるのではないでしょうか?
日本人にもっとも人気があり、全世界で50万脚以上が売られた1950年発表「CH24/Yチェア」です。ウェグナーの作品中、最大のベストセラーです。

このYチェアのルーツは中国の明代の椅子からイマジネーションを得ました。
日本人に好まれ、日本の住宅環境にも良く合うのはYチェアのデザインルーツが東洋にあったのが原因かもしれませんね。

近年、中国などで大量生産されたリプロダクト品が出回っていましたが、2011年「Yチェア」の立体商標が裁判によって認められリプロダクト品の生産はできなくなりました。

これに関しては色々な考え方があるとは思いますが、Yチェアが商品化されるまでにウェグナーも
工場(カールハンセン&サン)も、生み出すまでさまざまな苦労があったと思いますのでこの判決に私は賛成です。


そして、もう1脚は「PP701」





このアームチェアはウェグナーの自邸のダイニングにも使われていて、妻のインガ夫人のお気に入り
の一脚でもあります。


「私(ウェグナー)がデザインした椅子の中で1番好きな椅子は?」


という質問に対し夫人は、ウェグナーが彼女のためにデザインした椅子「PP701」と答えたそうです。


それを聞いたウェグナーも、

「私もこの椅子が1番好きだ。なぜなら、インガが好きな椅子だから」と言ったそうです。




素敵なエピソードだと思いませんか?




以前、接客をさせていただいたお客様の中にウェグナー好きの奥様のため、ご主人様が
この「PP701」を1脚プレゼントされた方がいらっしゃいました。

その時、中学時代に聴いたB’zの「いつかのメリークリスマス」という曲のフレーズを思い出したのですが・・・


「僕は走り、閉店間際、君の欲しがった椅子を買った」・・・というフレーズです。


その時は、


大人になると、クリスマスプレゼントに椅子を買うのか....


大変だな...


と思っていましたが

 
今はとても素敵な行動だと思いますし、奥様の喜んでいる顔はとても印象的でした。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


Karf店内には現在ウェグナー以外にも40種類以上、姉妹店のBlackboardと合わせますと
50種類以上の椅子をご用意しております。

値段が高い商品が必ずしもいい商品とは限りませんし、その逆も然りです。

メリット・デメリットをきちんとご説明させていただきます。

ぜひ、お気に入りの1脚を見つけにいらしてください。


皆さまのご来店をお待ちしております。

karf official blog

●家具と緑の居住空間

category >STAFF BLOG
こんにちは karf shop staff の林です。
今回はインテリアとインドアグリーンとライフスタイル、特に植物に荷重を置いて書きたいと思います。

みなさんは室内外問わずグリーンを育てていますか?
karfショップ内には家具の他にもたくさんの植物が置いてあります。


こちらはショップ2Fのモンステラ(monstera deliciosa)
写真では分かりずらいかもしれませんが、最近になって新しい葉が出てきました。

アメリカ・ロサンゼルスにあるイームズハウス内にも巨大なモンステラが置いてあります。
僕も自宅で大きなモンステラを育てているのですが、
そのきっかけになったのがイームズハウスのモンステラでした。

モンステラは【直射日光を嫌い、耐陰性があり乾燥に強い】
という表記を良く目にしますが、ここで注意しなければいけない事があります。

アメリカの熱帯地域に多く分布しているモンステラは、
確かに耐陰性があり、室内の暗い場所でも育ちますが、
茎の節間が徒長してしまったり、新しく出た葉が小さかったり、
モンステラの魅力である葉の切れ目が無くなってしまったりします。

耐陰性があるというだけで、ほとんどの植物に日光は必要な要素です。
光合成とかは小学生の時に習いましたよね。

イームズ邸ではちゃんと窓際の明るい場所に置いてありました。
直射日光を当ててしまうと葉が焼けてしまいますが、
カーテン越しなどの明るい場所に置いてあげると元気に生育します。


ボトルツリー(brachychiton)
ここ2〜3週間ぐらいで、茎の黄緑色のところがいっきに伸びて葉が育ちました。
室内とはいえ、植物たちも敏感に季節の到来を感じとっているようです。


シュガーバイン(parthenocissus sugervine)
鮮やかな緑色が周りの壁や家具のホワイトカラー、オーク材の色味をより引き立ててくれてますね。
常緑でツタ植物だとイングリッシュアイビーなどが有名ですが、
シュガーバインも育てやすくてオススメです。


チランジア(tillandsia)
エアプランツという名前でも一般に流通しています。

モンステラと同じで熱帯アメリカに生息しています。
写真のように株のみで販売されている事が多い植物ですが、
本来は着生植物なので木の幹や岩肌に根を這わせて自らを固定しています。

このチランジアですが、インテリアショップなどでも多く販売されていて、
【週に1度 霧吹きなどで水をかける程度】という表記をよくみかけます。
エアプランツという通り名からか、育てるのが簡単そうに思われがちなのですが、
この子‥結構育てるの難しいです。

実際の生育環境は、乾燥地帯で雨が少なく気温は高いといった地域でなのですが、
夜になるとたくさんの霧が発生しその水分を表面の鱗片から吸収します。

なので日本で育てるとなると、夜に霧吹きでたっぷりと水を与えて、
昼間は木陰のような明るめの日陰で風にあてて乾燥をさせなければなりません。
種類にもよりますが、基本的に直射日光は厳禁です。

昼間の乾燥が上手くいかないまま水やりを続けていると、
株本が腐ってしまい葉が1枚、また1枚と朽ちて取れてしまいます。

でも、、、チランジアって多肉植物と同じで何か愛らしいんですよね。
花とか咲いた日には、手間を惜しまなかった苦労が報われますよ。
上記のことを踏まえた上で、皆さんもチャレンジしてみてください。


フィカス・バーデリー(ficus binnendijkii)
湘南ゴムの木とも呼ばれています。

やっぱり植物があると空間が温かく感じられますね。
こんなリビングやダイニングで好きな本を読んだり映画を観たりしながら、
のんびりとした休みの日を過ごしたいです。

ダイニングキッチンの写真には【オーク材、ナラ材、アッシュ材】と、
それぞれの材を使った家具が写っています。

karfで扱っている家具にはいろんな種類の木材がありますが、
異なる材の家具でも同じような色味で揃えていただくと統一感が出ますし、
またそこに植物が入ることでリズムも生まれます。

壁や床材などの色味を考慮して家具のコーディネートを考えていくと、
自ずと理想とするライフスタイル像が見えてくるかもしれませんね。


karf shop 3F

karfは1〜3Fまでありますが、どのフロアにも植物は欠かせません。
きっと私たちの内にある何かが本能的に緑を求めているのかもしれませんね。

家具や植物の提案はライフスタイルの提案でもあると思います。

居住空間が心地の良いものになれば自然と心も豊かになり、
毎日の生活がより楽しくなります。

皆様が生活をする空間をより良くしていく為に、
karfという存在がその一翼を担えたらと考えています。

karf official blog

●ERCOL

category >STAFF BLOG

急に暑くなってきましたね。
日中の日差しは、早くも夏の訪れを予感させます。
ショップスタッフの比留川です。


僕は普段、電車通勤をしているのですが、
気が向いた日には自転車で通勤をする事があります。
毎日ではないのですが、片道15kmを自転車で来ると
季節の移り変わりや空気の変化を肌で感じられ、とてもすがすがしい
気持ちになります。

 
さて表題の通り、現在店頭のディスプレイコーナーでは
英国の家具ブランドERCOLのヴィンテージアイテムを中心にした展示を行っております。


 


ご存知の方も多いかもしれませんが、アーコール社は1920年に
ルシアン・アーコラーニによって創業を開始し、現在も続く老舗の家具メーカーです。


 


マーガレットハウエルで復刻され、知名度が上がったスタッキングチェア。

後ろにはERCOLのサイドボードと、同じく英国のBEST LITEのランプ。




1脚でも素敵ですが、スタッキング姿をみるとつい2、3脚欲しくなってしまいます。



こちらはネストテーブル。
それぞれ、別のお部屋で使っても良さそうです。



こちらは小ぶりなコーヒーテーブルと、KARFオリジナル REGENT 3 SEAT SOFA。



現在、展示をしているものは製造されてから30〜40年を経過したヴィンテージのものなのですが、
あまりのコンディションの良さに「新品かと思った!」といった声をよくお聞きします。

もともとの造りの良さと、状態の良いものを買い付けているのは勿論ですが、
専属スタッフによるメンテナンスが非常に大きなウエイトを占めています。

カーフでは素材や造りに合わせ、

ヴィンテージの風合いを生かしたリペアとメンテナンスを施しています。

近年、ヴィンテージ商品は現地価格の高騰や円安の影響もあり、仕入れも一筋縄ではいきません。
欲しいものに出会ったときのタイミングを大切に、家具選びをして頂ければと思います。





店頭に出ていない商品もありますので、お探しのものがございましたら
お気軽にスタッフまでお声掛け下さいませ。
(展示品はヴィンテージの一点物ですので、販売済みの際はご了承ください。)





この先が、ご紹介したスペースになっております。
扉の向こうでお会いしましょう。


karf official blog

●Karf Rug Selection vol.2

category >STAFF BLOG

こんにちは。
SHOPスタッフの仙石です。


すっかり春らしくなってまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

karfではウィンドウも春らしくリニューアルしておりますので、お散歩ついでにぜひお店に遊びにいらしてくださいませ。


さて本日は・・・
新生活のお引越しも終わり、そろそろお部屋の雰囲気を変えたくなってきた方におすすめしたいカジュアルラグのご紹介です。

今回ご紹介するのは、デンマーク発ハンドメイドラグ 「BOLOGNA ボローニャ

以前ブログでもチラッと登場いたしましたこちらのラグは、デンマークの職人さんによる手織りラグです。
一枚一枚、ていねいに仕上げられております。


ウールと綿による天然素材ならではの、さらっとした質感と手織りによるやわらかさが魅力で、オールシーズンお使いいただけるスカンジナビアンテイストのリバーシブルラグです。



「BOLOGNA」

60 x 90cm ...............¥8,400
140 x 200cm ......... ¥40,950
170 x 240cm ......... ¥61,950
220 x 220cm ......... ¥66,150
200 x 300cm ......... ¥93,450

※サイズオーダーのご希望がございましたら、お気軽にスタッフにお声掛けくださいませ。


カラーバリエーションは、9種類。
組成 : ウール 70% , コットン 30%  厚み : 7mm

※Made in Denmark
※ウォッシャブル(洗濯機で洗っていただけます)
※防炎




ところで....


ウールのラグと聞いて、「これからの季節、ウールは暑いのでは?」と
ご心配の方もいらっしゃるかもしれません。


ところが、心配ご無用です!
実はウールには「冬暖かくて夏涼しい」という特性があるのです。


ウールという繊維は、実は複雑に絡み合う繊維の集合体で、一本一本が
くるくるとコイル状に絡み合っていて、そのすき間に約60%の空気の層を含んでいます。


それが断熱材の役割をしてくれるので、冷暖房の効果を高め、
夏も心地よく過ごせるというわけなのです。

                             (写真は、オーダーラグ「Season」シリーズ)



さらにウールは調湿効果に優れており、お部屋の湿度を調節することで結露を防ぎ、
カビの繁殖を抑えます。

室内のジメジメが気になる梅雨の季節も、爽やか快適です♪


そのほかにもウールの優れた性質を上げますと...

◆ホルムアルデヒトといった汚染物質やほこりを吸収吸着し、お部屋の空気を浄化します。
さらに燃えにくいので、小さなお子様のいるご家庭には安心です。


◆ほかの繊維に比べ3〜5倍汚れにくく、丈夫でお掃除も手軽で簡単。
今回ご紹介いたしましたBOLOGNAはウォッシャブルラグですので、
なんとご自宅の洗濯機でも洗っていただけます!


◆弾力性に富み、ふんわりとしたやわらか感触。吸音効果もございます。


などなどです...


いかがでしょうか?


床暖房やフローリングのご家庭が増えて、「ラグは必要ないかな?」と
お考えの方もいらっしゃるかもしれません。


ラグを敷くことで、空間がぐっと引き締まり雰囲気もガラッと変えてくれますので、
お部屋の衣替えには特におすすめです!



居心地のよいお部屋の立役者、 「ラグ」 のある暮らしを,ぜひ♪




Karfでは、今回ご紹介しましたBOLOGNAのほかにも、多数ラグを取り揃えております。
随時ブログでもご紹介してまいりますので、お楽しみに。


それでは、皆様のご来店を心よりお待ちしております!



karf official blog

●緑のある暮らし

category >STAFF BLOG

 こんにちは。

ショップスタッフの楠田です。


4月も下旬に差し掛かり、だいぶ暖かな日が続くようになりました。

ただひとつ、春の強風にはくじけそうになります。

この時期、毎日の坂道通勤は向かい風との戦いです。

負けるな自分。



さて、新緑の季節、皆さんはご自宅にグリーンを置かれていますか。

4月の中旬から市場への出回りも多くなるようで、

今回もいつもお世話になっているBUZZさんから色々な種類のグリーンが入荷いたしました。



こちらは、なんと立派なウンベラータ。

ボリュームたっぷりで存在感大 です。



続いて、棚に並ぶグリーンは小さめのサイズのもの。

お気に入りの椅子を前にして、

腰を掛け、読書をしながら日向ぼっこ。そんなお休みの過ごし方も良いですね。







グリーンつながりでこちらは店内のお花です。

生けこみをお願いしている、南青山のフラワーショップle vesuveさん

家具の演出には欠かせないお花。

いつも素敵な生け込みをありがとうございます。







水をあげると、ゴクゴク飲み込む土に、

霧をかけると喜ぶ葉っぱに、

自然と話しかけたくなってしまいます。

特別な手入れなどいらない、日々の水やりで元気になってくれる緑、

暖かくなったこの時期に、

【緑のある暮らし】 始めてみてはいかがでしょうか。



家具選びの合間に、是非店内のグリーンもご覧になられてください。

入口付近と店内各フロアにて、合わせた鉢もご用意しております。







karf屋上からの眺めです。

今日も坂道との戦い、バスの誘惑に甘えることも時々。


長い坂を歩いていらしていただけるお客様に日々感謝をしております。

スタッフ一同、心よりご来店をお待ちしております。











karf official blog

Copyright © 2011 karf co.ltd. All Rights Reserved.