●年頭あいさつ

category >社長のブログ



新年あけましておめでとうございます。
皆様方におかれましては和やかな新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中はお客様はじめ、多くの方々に大変お世話になりました。
 
昨年の私たちは、お付き合いさせていただいてる方々のお力添えで、
次なる場所へ進むための大きなきっかけをあたえられ
「自信」と「勇気」を貰った「感謝、感謝」の思い出深い一年でした。
 
今年は昨年いただいたご縁を活かしてずっと想い続けてきた住宅提案に着手し、
家具、インテリアという視点から見た「住まい」のあり方について真剣に考え、
カタチにしてみたいと思っております。
 
 
コラムニストの天野祐吉さんが朝日新聞の「CM天気図」というコラムに
・・・・ 『なじむ』ということ・・・・・
と言うタイトルでこんな事を書いていたので紹介します。
 
***
経済成長の限界がはっきり見えてきたいまは、
新しいもモノを次々に追いかけることから、
モノとじっくりつきあう時代に変わろうとしている。

60年代のアメリカにこんな広告があったのを思い出した。
自宅の庭に置かれた2台のクルマ。フォルクスワーゲンと古いA型フォード。
その間に立つ長身の老人。
「この人は33年ぶりに新車を買いました」というコピー。
それによると、78歳のアルバート・ギリスさんは、
1929年のA型フォードと33年間もうまく付き合ってきた。
が、とうとう新車が必要になり、フォルクスワーゲンを買った、という。


写真の車はデンマークで撮ったボルボ・アマゾンです。
フォードでもフォルクスワーゲンでもありません。(笑)


当時のアメリカは豪華さや新奇さを競い合う派手な新車合戦のさなかである。
そんな中であえてこの人は地味だが誠実そうなフォルクスワーゲンを、
これからの長いつきあい相手として選んだという話である。
***



今年の私たちもこのアルバートさんみたいな方に信頼され選ばれるような、
永く愛されるモノづくりに取り組み
私たちもお客様もわくわくするような一年にしたいと思っおります
 
 みなさまにとって健康で幸多き年でありますように。
 
 
株式会社カーフ
代表取締役 島田 雄一


karf official blog

Copyright © 2011 karf co.ltd. All Rights Reserved.