●砂風呂vol.13 「マテリアル」

category >STAFF BLOG



気温もググッと寒くなり、アッという間に秋が冬に追いこされたようで少しさみしい

秋好きショップスタッフ砂子田です。


そんな今日この頃ではありますが、先日カーフではクリスマスツリーを出し、

気分はウキウキしはじめました♪







毎年ご好評いただいておりますオーナメントの新作もありますので、

ご来店の際にはチェックしてください*










****************************************************
****************************************************














infomationでもご紹介をさせて頂いておりますが、

現在カーフではガラス作家 川部倫子さんの作品展「Lights」を開催しています。














今回、川部さんの作品をみていて思うこと・・・ 

「あたたかい」、「存在感」そんなワードが頭に浮かびます。







このふたつのワードは、ガラスという素材を思い浮かべたときに

すぐには連想しない言葉のように思います。





いつものガラスのイメージといえば・・・


ガラス → 「つめたい」

ガラス → 透明感があり「スッキリ」している



と、感じることが多いのですが川部さんの作品は違うのです。















思わずジッと見とれてします。

ひとつひとつから「パワー」が発されている・・・そんな印象です。



作家さんである川部さん。


アーティスティックで、気さくで、私たちにも明るく気兼ねなくお話ししてくださいます。

川部さんのお人柄が作品を通して感じることができます。















ガラス・・・あらためて考えます。


電球を使って光らせる。

太陽の光に照らされて輝く。

暗いところでも、確かにある存在感。



ガラスひとつでもいろいろな表現があるのですね。

















今回の作品をみているとガラスという素材が、「製法」、「見せ方」、そして「作り手」によって

様々な表情をみせるものだと知ることができました。





普段より私たちカーフが大切にしているモノの「素材感」。









ガラス




ひとつづつでも多様な表情を見せるのに、

それらを組み合わせることで、無限の表現ができるのではないかと考えます。















・・・と、少々ふわっとした感覚的な話になってきてしましましたが、





お客様が表現したいと思われている「感覚」を、

少しでもカタチにするお手伝いができればと思っています。





使い勝手や機能だけではない家具のお話、楽しくさせてください。







「Lights」は今週末11/24日で終了します。

ぜひともこの機会にご来店くださいませ。







最後になりましたが、

川部さんありがとうございます。



karf official blog

Copyright © 2011 karf co.ltd. All Rights Reserved.