●「ペインティング」

category >社長のブログ

桜の季節も駆け抜けて、気が付くともうGWです。。
そして何故かこの季節になると、画家の今井龍満(いまいりゅうま)さんを思い出します。


以前に何点か作品を分けていただき、店内で飾っていたことがあるので
ご覧になられた方もいらっしゃると思いますが・・
床に置いた紙やキャンバスにエナメル塗料を垂らしながら即興性や偶然性を生かして線を描き、
独自の色彩感覚を生かして色付けられた作風は、印象深くこころに残ります。
今井さんご自身も自然体で飾らない物静かな方で、作品同様とても好感が持てる方です。


ここのところ久しくお会いしてないので思い立って連絡を取ってみると、
とても忙しく活動されている様子で、作品は日本のみならず、
香港、シンガポール、台湾、韓国と海外のアートフェアを渡り、
日本でも連休明け新たに2件のギャラリーで展示が始まると大忙しの様子です。

久々に手持ちの作品を見せていただき、気に入ったものがあれば分けていただいて
春〜初夏の店内に彩と華を・・・との思惑も外れたか?と思いきや、
「3点ぐらいなら頑張って描きますよ!」と今井さん。。

ギャラリーでもない私たちのために忙しい時間を割いて、わざわざ描いていただけるなんて・・
ありがとうございます!!その人柄に感謝です。

展示のイメージをお伝えして、待つこと2週間。
出来上がってきたのがこの作品です!



気分が軽やかになるような躍動感と色使い・・・。
まさにイメージ通りです。

せっかく忙しい合間を縫って描いていただいた作品なので、
GWを利用して少しでも多くの方に見てもらいたい
との思いで「今井龍満のペインティングワーク」と題し
ショップの一番目立つ壁を利用して展示させていただきました。

もしお時間がありましたら、ぜひ伸び盛り今井龍満作品の素晴らしさを見てください。


以下に
今井さんの写真とコメントを紹介しておきます。

*******************

私はエナメル等の塗料を垂らしてできる、
コントロールし切れない少しの偶然性を帯びた線を用いています。

私達、生き物はその少しの偶然性を帯びた線のように予測不可能であったり、
思い通りにならない不条理を 受け入れ、多かれ少なかれ不確定な人生や日々の営みを送っています。
しかし、私はその事を肯定的に捉えて作品制作しています。

今井龍満   
HP http://ryuma-imai.com/


karf official blog

Copyright © 2011 karf co.ltd. All Rights Reserved.