●砂風呂vol.9

category >STAFF BLOG

日に日に暖かくなってきましたね!

半袖で外を歩くことが増えてきたショップ スタッフの砂子田です。
現在カーフで好評開催中のHappy Dining Fairも残すところ約1週間となりましたが、

今回はダイニンテーブルと一緒にお問い合わせの多い、

照明との組み合わせについてお話したいと思います。

***************************************************************

なんといっても一番多いご質問は

「ダイニングテーブルの上にはどんな照明を合わせてたらいいの?」ですね。


天板から照明まで高さ70


ご自宅の間取り、他の照明とのバランス(ダウンライトがあるかないか・・・など)に

よって変わりますが、テーブルの上にペンダントライトを設置する場合のポイントは…

‐般世琉銘屬テーブルの中央に来ているか?(複数ある場合はバランスよく)

▲董璽屮詭未ら照明の下端まで約60~80cmの高さにあるか?
この時、光源が見えすぎてまぶしくないか?頭がぶつかって邪魔にならない?などチェック!

テーブル全体に光が届いているか?

せ笋考える一番のポイントは、テーブルとの組み合わせがかっこいいか?カワイイか?おしゃれか?

見た目が素敵だとお家の中でも気分がウキウキします!!好きな照明を選びたいですね!





カーフではペンダントタイプの照明を主に扱っておりますが、

様々なタイプがありますので用途も広がります。


真鍮製 天板全体を照らす(天板から照明まで高さ70)




大きくお部屋全体も明るく(天板から照明まで高さ80僉




壁から伸びるブラケットタイプ(天板から照明まで高さ60僉




デスクランプのようにはさんで。




デザインも様々、好きな組み合わせです!(天板から照明まで高さ110僉



他にもシーリングタイプの照明でテーブルの上をスッキリさせ、空間を広く見せたりと、

使い勝手やお好みによって選んでいきます。

テーブルの上に好きな照明がくるだけで、グッと雰囲気が変わりますよ。
照明の灯りのもと、おいしい食事を囲み、楽しい会話も自然と盛り上がります。
「灯り」は「太陽」を象徴するようにポジティブパワーを与えてくれると思います!





まだお試しで無い方はぜひ、ダイニングスペースにお好きな「太陽」を取り入れてみてください*

karf official blog

Copyright © 2011 karf co.ltd. All Rights Reserved.